send link to app

Memory games for kids Free 4-7



無料

これらには7つのゲームがあり、4−7歳のお子様の記憶力と注意力を育てます:1. 「全てのオブジェクトを見つけよう」 (補修作業) - 集中力を養成2. 「誰がどの番号をもっている?」 - 記憶力の練習3. 「番号を見つけよう」 (シュルテテーブル) - 記憶量の増大4. 「パレット」 - 記憶力を発達させる5. 「絵を記憶しよう」 - 記憶力の発達6. 「反応」 - 注意力の練習7. 「記憶力カード」 - 記憶力の発達
開発者は10年以上の児童心理学の経験を持つ人間です。彼女は幼稚園児(3-5歳までのお子様)から初等小学生(1,2年生、6-7歳までのお子様)の認知能力の訓練に携わっています。
このゲームは子供の視覚、記憶力を訓練し、発達させるものです。視覚的記憶力に優れた子供は、効率的に視覚情報(図、グラフ、地図、絵、パターン)を理解します。子供はより早く読み書きを覚え、ケアレスミスを最小限に抑えます。記憶力は、幼稚園児の年齢で最も発達します。子供が学校の勉学で成功するためにこれらの訓練は重要です。
このゲームは、観察力と集中力を向上させます。このようなゲームは、集中できない子供や、注意を払えない子供たちに最も有効です。このゲームはADHS(注意欠陥多動性症候群)を持つ子供にお勧めします。
それぞれのゲームには4つのレベルがあり、簡単なレベルからより難しいレベルに進むことをお勧めします。
私たちの教育用ゲームやアプリケーションは、以下のような子供たちの認知プロセスの発達を目的としています:記憶力、注意力、論理性など。これらの脳の機能は、幼稚園の年齢(3歳から6歳)に最も応答性があります。若い年齢でこのようなトレーニングを受けた子供は、世界について学び、スキルを習得する速度が早くなり効果的に勉強できます。
子供が学校に行き始めると、知的なプレッシャーが倍増し、ストレスや適応の難しさに繋がります。そのため、未就学児は就学する前に高い認知能力を持っていることが望まれます。多くの教師や心理学者は、子供に勉強内容を伝えることだけではなく(数字、文字、形など)、幼稚園時代にこれらの認知能力:コミュニケーション力、論理的な推論、想像力、集中力、視覚的記憶力、空間認知力などを発達させることが大切だと信じています。これらの脳の機能がよく発達している場合、子供はより高いIQを育て、学校の課題を効果的に学べます。
日本語の教育ゲームを更にお求めの場合、我々のゲームスタジオのその他のゲームをご参照ください。